あなたは廣教寺に

FX
無料カウンター人目の参拝者です。

一法山 清浄院 廣教寺は、天蓮社青譽圓心上人により永禄2年(1559年)開基、開山上人は、慶長11年(1606年)京都黒谷『金戒光明寺』(浄土宗 大本山)第21世、源蓮社性譽法山上人によって開かれ、以来450年の歴史ある浄土宗のお寺です。

■昭和20年、原爆により全山焼失、仏像・過去帳・宝物等、全て灰燼と化し詳細は不明なれど、福島正則の時代は、御泉水(現在の縮景園)の場所に廣教寺はあったが、元和5年(1619年)浅野長晟公、広島入城の際に現在の橋本町に移転となる。

■廣教寺の境内地は昭和21年(1946年)第2次世界大戦による、戦災都市の復旧のために制定された戦災復興土地区画整理事業に基づき境内地は約半分となる。

■現在の本堂は、廣教寺第18世、田部元清上人(平成14年遷化)により、昭和45年7月建立され、本尊、阿弥陀如来は、浄土宗特別寺院『誕生寺』より迎える。

■廣教寺第18世、田部元清上人が遷化される前に住職退山式並びに晋山式を執り行い第19世、田部雅道上人へと引き継がれました。そして平成29年には法灯継承式を執り行い、第19世、田部雅道上人から現在の第20世、上野充大へと引き継がれました。

交通案内地図

広島県広島市中区橋本町7-19

大きな地図で見る