平成22年度 春彼岸法要



3月21日(日曜日)春分の日、数日前より芳しくない天気予報では有りましたが、当日は少し風が強いものの、好天に恵まれ大勢のお参りがありました。

 定刻の午前10時より、門中の長性院住職・戒善寺住職・源光院住職の御幇助を賜り、4名の僧侶にて厳かに春彼岸法要が始まり、出席の檀信徒・また県外の檀信徒の先祖供養を相務める事ができました。

 法要終了後、11時よりは、桂米朝師匠の直弟子の桂 米二師匠の落語を聞き、楽しい時を過ごす事ができました。