平成23年度 春彼岸法要



3月21日(月)お彼岸の中日、昨日より降り始めた雨は早朝になっても止まず、廣教寺の法要は雨が降らないというジンクスも崩れた。東北地方太平洋沖地震で亡くなられたご遺族の方の涙雨か・・・。

午前8時30分より総代会・10時より市内3名のご住職のお手伝いを頂き法要が開始された。雨中にも関わらず、大勢のお檀家さんがお参りされ、式中、東北地方太平洋沖地震・並びに津波で亡くなられた大勢の方の回向のお念仏は何時もより大きく感じられた。

又、大勢のお檀家さんが、堂内に設置された義援金箱に『少しでもお役に立てれば』と募金されていらっしゃいました。この義援金は秋彼岸まで受け付け、総本山知恩院もしくは赤十字を通して被災された方々のお役に立てるように寄付します。